平屋 価格

下記のタウンライフは無料で各ハウスメーカーの平屋の費用総額や間取りプランなどがもらえます。

 

平屋の価格について

平屋住宅は生活導線がフラットで、将来歳を取った時のことを考えても安心して生活できるため、年配の方々からの人気はもちろん、近年では20代、30代といった若い方々からも人気を集めています。

 

 

 

平屋住宅で建てる場合、問題となってくるのはお値段ではないかと思います。

 

 

 

平屋住宅は二階建て住宅と比較すると、基礎や屋根の面積が増えるため、建築費用は割高傾向にあると言われていますが、平屋で建てる場合の価格帯はどれぐらいを目安にしておくといいのでしょうか。

 

 

 

平屋の価格ですが、どこの会社に建築を依頼するのか?によっても大きく異なってきます。

 

 

 

ローコストで建てられることを売りにしているハウスメーカーの場合は、平屋をローコストで建てられるようなプランを用意しているところも多く、プランをチェックしてみると1000万円前後〜といったところもあり、安い価格に設定されています。

 

 

 

そして、一般的に平屋で建てる場合は、坪単価は大幅に高くなると言われているのですが、平屋であっても坪単価が通常より2万円ほどしかアップしないといったローコスト系のハウスメーカーもあるようです。

 

 

 

 

企画化された平屋のプランを用意することで、コストダウンを実現されているハウスメーカーもあります。

 

 

 

 

一方、大手といわれるハウスメーカーの場合は、平屋で建てる場合の坪単価の目安は80万円〜が相場となっており、設備や仕様にこだわると坪単価90万円、100万円と高額になってしまうというケースも少なくありません。

平屋の価格の平均は!?

一般的に2階建てで建てる場合と比較すると平屋は割高傾向にあると言われていますが、平屋でお考えの方は、平屋の平均的な相場というものも気になると思います。

 

 

 

すでに平屋のプランで見積りを取られている方の場合、
その見積り額が平均的な金額と極端にかけ離れていないのか、、、といったことも気がかりだと思います。

 

 

 

 

そこで、今回は平屋の平均的な価格について調べてみました。

 

 

 

 

まず、平屋の平均的な価格に関しては、建築会社によって大幅に変動しています。

 

 

 

 

ハウスメーカーといっても、ローコストメーカーと大手メーカーでは極端に価格が違ってきます。

 

 

 

 

例えば、ブランド力も抜群にあり、名の知れた大手メーカーで平屋を建てる場合の平均的な坪単価としては、80万円前後〜90万円前後といったところです。

 

 

 

 

仮にこの坪単価で、約40坪の平屋を建てる場合の価格は3200万円〜3600万円といったところで、大手で平屋を建てる場合の平均的な価格としては3400万円前後といったところです。

 

 

 

 

一方、ローコストメーカーで平屋を建てる場合の平均的な坪単価としては、40万円前後〜50万円前後といったところです。

 

 

 

 

先ほどと同じく、この平均的な坪単価で約40坪の平屋を建てる場合の価格の目安としては、1600万円〜2000万円といったところで、40坪の平屋を建てる場合の平均的な価格としては1800万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

価格帯が大手メーカーとローコストメーカーの中間に位置するハウスメーカーの場合の平均的な坪単価としては、65万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

上記のように、建築会社によって価格や坪単価は大幅に変動しますので、参考程度にお考え下さい。

平屋の坪数の平均は?

平屋住宅は基礎の面積が大きくなりますので、ある程度土地が広くないと平屋を建てることはできないと言われていますが、平屋住宅で建てられた方々の平均的な坪数はどれぐらいなのでしょうか。

 

 

 

平屋で建てる場合の坪数は、希望としている部屋数や部屋の広さがどれぐらいなのか?ということでも大きく異なってきますし、中庭を設け、大きな平屋を建てようとする場合はそれなりの坪数が必要となってきます。

 

 

 

実際に平屋住宅で建てられた方々の口コミをチェックしてみると、建坪30坪前後〜40坪前後という方々が多いような印象を受けます。

 

 

 

そして家族構成によっても建坪は異なってきます。

 

 

 

子供がすでに独立したりして、夫婦二人で暮らすために平屋を建てる場合は30坪前後で建てるといった方が多いようです。

 

 

 

 

平屋の30坪だと、大人2人、3人で住むにはちょうどよい広さだと言われており、収納スペースもしっかりと確保することもできます。

 

 

 

 

夫婦2人に加え子供2人といった場合は、収納スペースのことも考えると30坪未満では厳しく、40坪前後で建てるといった方が多いようです。

 

 

 

 

中には敷地が限られていたり、予算オーバーのため憧れていた平屋住宅を諦めるといったケースも珍しくないようですね。

 

 

 

 

そして二世帯住宅を検討しており、平屋仕様で建てるといったケースもありますが、二世帯で平屋で住むことを考えたら、それなりの坪数が必要になってきます。

 

 

 

 

また、駐車スペース、庭先にガーデニングや家庭菜園など趣味のスペースを設ける場合には、更に敷地の広さが求められることになります。

平屋の価格、2LDKの場合

平屋住宅に憧れを持たれる方は多いですが、平屋を建てるほどの広い敷地がなく実現できないという方は少なくないように思います。

 

 

 

 

しかし、もしかしたら今後平屋で建てるかもしれないので、平屋で建てる場合の価格帯だけでも調べておこうかとネット上で情報収集される方は多いです。

 

 

 

実際に【平屋 価格】といったキーワードの検索数は多いです。

 

 

 

 

そこで、平屋の価格を紹介していけたらと思います。

 

 

 

 

今回は2LDKの平屋の価格に注目してみました。

 

 

 

 

 

2LDKでは、リビング、ダイニング、キッチンの他、2つの部屋を備えたタイプのもので、
家族構成としては、すでに子供たちが巣立った夫婦2人か、夫婦と子供1人の2〜3人というケースが多いようです。

 

 

 

 

平屋は全ての生活スペースが1階にあるため、高齢者や介護が必要な人にも適した住宅ですし、生活動線に配慮するだけでも家事の効率を良くするなど忙しいママさんにも適した住宅です。

 

 

 

 

 

その一方で、基本的に平屋の坪単価は割高傾向にあります。

 

 

 

 

 

2LDKの平屋の場合は、坪数が30坪未満になることもありますが、
坪数が小さければ小さいほど単価は高くなりがちで、坪数が大きくなるほど単価を安く抑えることが可能です。

 

 

 

 

 

もちろん、2LDKの平屋の間取りをシンプルにまとめることでコストを抑えることはできますし、夫婦2人だけの暮らしのため、無駄なものを極力省くことでもコストを最小限に抑えることはできます。

 

 

 

 

 

2LDKの平屋の価格は、建築会社や仕様や設備のランクなどによってもピンキリですが、
最小限の造りでシンプルに建てるなら1000万円前後の価格も夢ではありません。

 

 

 

 

 

一方、注文住宅で平屋を建てたいとお考えの方もおられると思いますが、
オプションなどが加算されると、コストはどんどん上がっていきますので1500万円前後〜2000万円程度をみておくといいかもしれません。

 

 

 

 

 

ローコスト系のメーカーの場合は、驚くほど安いような平屋の価格を提示されていますが、その場合はガス工事、外構工事、諸経費などが含まれていない場合が多いですので注意して下さい。

平屋の価格、3LDKの場合

平屋の価格帯が気になりネット上で検索される方が多いようですが、
今回は3LDKの平屋で建てる場合の価格帯について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

そもそも、3LDKとはリビング、ダイニング、キッチンの他、3つの部屋を備えたタイプのもので、家族構成としては、夫婦2人か、3人以上のファミリー層にお勧めです。

 

 

 

3LDKで平屋の建築というのは、最もポピュラーな間取りでもありますが、
5人以上の家族構成となってくると、3LDKでの暮らしは厳しいです。

 

 

 

 

この3LDKの平屋で建て、坪数が限られてしまうという条件付きの場合、30坪未満で間取りを工夫して建てることになると思いますが、基本的に30坪未満の場合は坪単価が割高傾向にあります。

 

 

 

 

平屋と2階建てを比較した場合、同じ建て坪でも基礎と屋根の面積が広くなる分、坪単価が5万円前後高くなると言われています。

 

 

 

 

 

ローコストメーカーで3LDKの平屋を建てる場合の目安としては、1200万円前後〜または、1300万円前後〜といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

もちろん、ほとんど標準仕様でアップグレードなどもほぼしないことを前提としています。

 

 

 

 

 

一方、大手メーカーの場合、プラス2〜3割程度は必要になると考えておく必要があります。

 

 

 

 

 

最後に、3LDKの平屋で建築された方々の価格帯を参考までに紹介しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

「こじんまりとした3LDKの平屋で約1500万円ほどでした。」

 

 

 

 

 

 

「25坪の3LDKの平屋、建物だけで1400万円です。
キッチンや洗面台などもアップグレードせずに標準仕様、ちなみにローコスト系のメーカーで建てました。」

平屋の価格、4LDKの場合

4LDKとはリビング、ダイニング、キッチンの他、4つの部屋を備えたタイプのもので、家族構成としては、ファミリー層にお勧めで、4人家族、5人家族の方などが検討されることが多いです。

 

 

 

この4LDKで平屋を建てる場合、価格帯はどれぐらいを目安にしておくといいのでしょうか。

 

 

 

平屋の価格といっても、建築会社や建物のグレードなどによっても大きく左右されるのですが、今回は4LDKの平屋で建てる場合の価格を調べてみました。

 

 

 

 

4LDKの間取りで考える場合、30坪程度なら各部屋に余裕がなくなってしまうと思いますので、最低でも35坪前後〜で考える方が多いようです。

 

 

 

 

2階建てと比べると平屋の坪単価は割高傾向にありますが、
建築会社によってはこの35坪がボーダーラインとなり、35坪以下で建てる場合坪単価が数万円ほど高くなるので、総建築費用も大きく異なる可能性が出てきますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

仮に延床35坪、4LDKの間取りで平屋を建てるとし、坪単価が比較的安いとされている地元の工務店やローコストメーカーを選び、坪単価が50万円とします。

 

 

 

 

その場合の建築費用は1750万円という計算になります。

 

 

 

 

 

一方、同じ条件で建てる場合でも大手の場合は坪単価が高く設定されているため、仮に坪単価を80万円とすると建築費用が2800万円と、約1000万円近く費用が異なってくるのです。

 

 

 

 

 

※価格はあくまで参考材料の一つとしてお考え下さい。

平屋の相場について

近年、平屋建ての人気が高まっていますが、平屋で建てる場合の相場を調べてみました。
まず、平屋で建てられる方は、どれぐらいの大きさの平屋を建てられるのでしょうか。

 

 

 

これは家族構成によって異なってきます。

 

 

 

間取りを考える時に1人あたりに必要なスペースは10坪前後だと言われています。

 

 

 

子どもがすでに独立し、夫婦二人で新たな生活の場として平屋を建てる場合は20坪〜30坪程度で建てるといったケースも多いようで、実際に夫婦二人で20坪もあれば、暮らしていくのに十分な広さなようですね。

 

 

 

“1人あたりに必要なスペースは10坪前後”と紹介しました、家族4人の生活の場として平屋を建てる場合は40坪程度は必要ということになります。

 

 

 

しかし、家族4人であっても無駄なスペースなどを最小限に抑えると、35坪前後でも暮らしていくのに十分なようですね。

 

 

 

 

次に平屋の建築費用の相場はどれぐらいなのか調べてみましたが、建築費用はピンキリです。

 

 

 

 

どこの建築会社に建築を依頼するのか?によっても費用は変わってきますし、一からオーダーして建ててもらうのか?それとも企画化された平屋の商品の中から選ぶのか?によっても異なってきます。

 

 

 

 

平屋の建築費用としては、ローコストメーカーなどでは1000万円以内の建築も可能と宣伝されていますが、大手では2500万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

また、最近は平屋建て、二階建て問わずに開放的な間取りに人気がありますが、開放的な間取りにする場合は、開放的な空間を演出するために仕切る壁が少なくなりますし、ドアの数が減りますので、その分費用を抑えることができるようです。

 

 

 

 

逆に間取りが複雑であったり、構造が複雑な場合はその分費用がかさみやすいと言われています。

 

 

下記のタウンライフは無料で各ハウスメーカーの平屋の費用総額や間取りプランなどがもらえます。

 

 

一度に比較できるので各ハウスメーカーをまわる事なくすみますのでおすすめです♪