平屋 暑い

平屋は暑い?

平屋住宅は生活動線がフラットなため、将来のことを考えて平屋で建築される方が増えています。

 

 

 

実際に平屋での暮らしを経験されている方々はその快適性から『平屋で建てられるほどの広い土地があるのであれば、平屋に越したことはない!』と断言されるほどです。

 

 

 

近年、平屋住宅に対する関心が高まっていますが、平屋住宅には「平屋は夏がとにかく暑い…。」といった声や、平屋は屋根が近いから夏場の暑さをしのげないのではないか?などマイナーなイメージもあります。

 

 

 

二階建てと平屋を比較すると、平屋の場合は屋根が近く太陽光の熱の影響を受けやすく、室内が暑くなりがちだということは事実です。

 

 

 

しかし、二階建てで建てる場合でも、家の断熱性能が低い場合は夏は暑く、冬は寒い家になってしまいますので、家造りの時に暑さ対策に配慮する必要があります。

 

 

 

特に平屋を注文住宅で建てる場合は、建て方を工夫することも可能なため暑い夏場でも快適な家を造ることもできます。

 

 

 

 

では、夏の暑さ対策としてどのような工夫を行うといいのでしょうか。

 

 

 

まず、基本的なこととして断熱性能を上げることです。

 

 

 

 

天井裏の断熱仕様を上げるだけでも暑さ対策になりますし、
天井裏は容量が小さいほど太陽光の熱の影響を受けやすいと言われていますので、可能であれば天井裏の容量を稼ぐような配慮も必要です。

 

 

 

 

そして、家の中の風の通り道を妨げないような間取りにするだけでも、快適な住まいを実現させることができます。

 

 

 

実際に平屋住宅で間取りにこだわった方の体験談によりますと、
「風が抜けるような間取りにこだわったため、夏場も特に暑くなかった。」そうです。

 

 

 

 

平屋住宅であっても、暑さ対策をしっかりと行うことで快適な家造りが実現しますが、
その場合ははやり注文住宅での建築をお勧めします。

 

 

 

 

また、平屋住宅を検討しているものの、夏の暑さに対する不安感がある場合は、
夏場に平屋の展示場や完成見学会に積極的に足を運んでみて、自ら体験されてみて下さい。

 

 

 

 

中には暑さ対策が不十分で、エアコンに頼っているところもありますので注意が必要です。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る