平屋 断熱

平屋の断熱性能は!?

平屋住宅は生活の全てがワンフロアで完結することや、掃除やメンテナンスのしやすさなどの理由から平屋での暮らしに憧れを持たれる方は多いですが、平屋の場合、夏の暑さの影響を受けやすく、夏はとても暑いのではないか、、、と平屋住宅での暮らしに不安を持たれる方々も少なくありません。

 

 

 

確かに平屋の場合は、1階建てのため2階の部分がなく、
寝室やリビングなどの全ての部屋が屋根に接するため、より太陽の熱を受けやすく夏の暑さにはしっかりと対策を行っておかなければ、住み心地の悪い家になってしまいます。

 

 

 

平屋住宅での夏の暑さ対策としては、断熱材や天井裏の断熱仕様を上げることです。

 

 

 

 

特に天井裏は、屋根の容量が小さいほど太陽の熱による影響を受けやすいと言われていますので、天井裏の断熱仕様を上げることをはじめ、屋根裏に収納を作るなどして屋根を高く大きくする、可能なかぎり天井裏の容量を稼ぐなどの建て方を工夫することで住み心地の良い快適な家造りを実現させることもできます。

 

 

 

 

そして、屋根だけではなく、壁や床に関しても性能の高い断熱材を採用することで、
外からの熱が伝わりにくい家を造ることも可能です。

 

 

 

 

では、平屋住宅では一般的にどのような断熱材を使われているのかや、どのような断熱材が良いのかなどが気になると思いますが、ハウスメーカーによって採用されている断熱材は様々で、仕様も異なってきますので断熱材に関してはそのメーカーで採用されているものを事前に調べておく必要があります。

 

 

 

 

また、平屋の暑さ対策としては家の中の風の通り道を妨げないような間取りに配慮することも重要なポイントです。

 

 

 

 

 

実際に間取りにこだわり、風が抜けるように配慮したため、心配していた夏の暑さは大丈夫でしたとの口コミもありました。

 

 

 

 

 

ただし、平屋で夏の暑さや冬の寒さ対策など、快適な家を造るためには予算に余裕がなければ厳しいという声もあがっていますので、建築費は高めなようですね。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る