平屋 間取り 風水

平屋の間取りの風水について

家造りにおいて、デザインや価格、性能の高さが最優先など重要視すべきポイントはそれぞれだと思いますが、風水や家相を気にされる方もおられます。

 

 

 

風水や家相を全然気にしないという方には間取りを考える時に特に問題はなく、自分たちで自由に間取りを造ることができますが、家相や風水を気にされる方は間取りの配置に気をつけなければなりません。

 

 

 

平屋住宅で家相や風水を気にする際に、まず玄関の位置が重要となってきます。

 

 

 

家相には鬼門といわれる部分と裏鬼門といわれる部分があります。

 

 

 

風水において玄関は特に重要な場所と考えられており、鬼門にあたる部分と裏鬼門にあたる部分を避けた方が風水的には運気が良いとされています。

 

 

 

 

特に鬼門が最も悪いと考えられており、この鬼門は北東部分にあたります。

 

 

 

 

家相や風水を気にされるのであれば、裏鬼門にあたる南西部分も避けた方が良いとされています。

 

 

 

 

では、家相や風水を気にするのであれば玄関はどの位置に配置した間取りがいいのでしょうか。

 

 

 

 

玄関が望ましい方位としては、南や南東、北東だとされています。

 

 

 

 

そして、家相や風水を気にされる方は水廻り関係の配置にも注意しなければなりません。
キッチンやお風呂などの水廻り関係の配置も大切ですが、一番注意しなければならないのはトイレの配置場所です。

 

 

 

 

風水ではトイレは鬼門と裏鬼門を避けて配置をすることが一般的で、キッチンやお風呂まで完全に避けた間取りを作る場合は、鬼門にあたる部分を避けて間取りを配置します。

 

 

 

 

ただし、玄関や水廻り関係を全て鬼門を避けた間取りの配置となると、ある程度場所は決まってしまい、生活動線などに配慮することは難しく、家事動線なども悪くなってしまうと思います。

 

 

 

 

風水はあくまで目安であって、完全にこうでなければならないというものではありませんので、生活をしやすい間取りというものも大切だと思います。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る