平屋 一人暮らし

平屋の一人暮らしについて

平屋住宅といえば、子供が独立し夫婦二人の新たな暮らしの場といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、そのイメージは古く、晩婚化が進み結婚していないとお金を自由に使うこともできますし、マンションは上階の人の足音やドアの開閉音など日常的な些細な音が気になってしまうなど、、理由は様々ですが独身であっても家を建てる人が増えてきているようです。

 

 

 

特に独身男性より独身女性の方が家を建てるといった決断をされる方が多く、ある程度お金に余裕があるといった方が多いようです。

 

 

 

そんな需要に応えるために、近年、ハウスメーカーの中には独身であっても家を購入したいというお一人様に向けた商品を用意されているところもあります。

 

 

 

では、お風呂にキッチン、トイレ、洗濯スペース、部屋を数部屋設けるなどの最低限のコンパクトな平屋の間取りで建てる場合の価格帯はどれぐらいなのでしょうか。

 

 

 

一人暮らしの平屋の場合は15坪前後のコンパクトな平屋建てを建てられる方が多いようですが、建築費用はどこで建てるのか?によっても異なってきます。

 

 

 

 

ローコストで建てられるような会社では1000万円以内での建築も可能かもしれませんが、大手でコンパクトな平屋の場合は割高になってしまうこともあります。

 

 

 

 

また、女性の場合平屋で一人暮らしとなると、防犯対策をしっかりとしておく必要があります。

 

 

 

 

まず基本的な対策として、ドアや窓に鍵を追加、防犯フィルム、窓センサーなどです。

 

 

 

 

鍵に関しては外から見える部分だと壊されて侵入されてしまう場合もありますので、外から見えない部分につけるとより効果的だと言われています。

 

 

 

 

外にはセンサーライト、防犯砂利、防犯カメラを付け、自宅周囲の動体の有無を判るようにしておくと良いですし、いざという時のためにホームセキュリティに入っておくとなお安心です。

 

 

 

 

いくら治安の良い場所でも、油断は禁物です。

 

 

 

 

 

洗濯物を目をつく場所に干したり、ポストに郵便物をため込まないなど、、女性の一人暮らしと判断されないような配慮が必要です。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る