平屋 建築費 相場

平屋の建築費の相場について

平屋住宅を検討されている場合、やはり一番気がかりなことはお金に関することだと思います。

 

 

 

当然、家造りにおいてほとんどの方が予算というものがあると思います。

 

 

 

そして、平屋住宅の場合建築費用が割高だといった現状にあります。

 

 

 

これは部屋の広さや部屋数を同じとした時に、平屋住宅の方が二階建て住宅と比較すると、約2倍近くの屋根面積と基礎面積が必要となるため、二階建て住宅と比較した時に建築費が2〜3割ほど高くなると言われています。

 

 

 

一般的に平屋住宅は割高傾向にありますが、平屋住宅で建てる場合建築費の相場も気になると思います。

 

 

 

まず、建築費はどこで建築するのかによって大きく異なってきます。

 

 

 

例えば、ローコスト系のハウスメーカーの場合は、坪単価40万円〜で平屋の建築に対応されているところもあります。

 

 

 

 

一方、大手ハウスメーカーの場合は、標準仕様であっても設備が充実しており、坪単価が80万円台〜を目安にしておいた方が良いですが、実際のところ坪単価90万円、100万円超えのところもあるようです。

 

 

 

 

建築費の相場としては、ローコスト系のメーカーの場合は1500万円前後〜2000万円前後、大手ハウスメーカーの場合は2500万円前後〜3500万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

一般的にハウスメーカーでは企画住宅や建売住宅も取り扱っており、これらを選ぶと建築費用を抑えることができますが、平屋住宅の場合は建売住宅も少ないうえ、平屋で検討されている多くの方々は間取りにこだわったり、快適性を実現させるために注文住宅での建築をお考えになるようです。

 

 

 

 

注文住宅はどこまでこだわるのかにもよりますが、間取りや設備、仕様、材質、性能などを求めると家自体は小さいのに建築費が高額になることはあります。

 

 

 

 

どこのハウスメーカーでもおおよその建築費用の坪単価は出していますので、事前に情報収集をされておくと目安にもなり安心です。

 

 

 

 

最後に平屋の建築費用を抑えるポイントについても少しだけふれておきたいと思います。
建物の形状によっては建築費用が高くなります。

 

 

 

 

複雑な形の場合は、そのぶん材料や資材も必要となりますので、
家の形としては四角のようなシンプルな方が建築費を抑えることが可能です。

 

 

 

 

そして、間取りに関しても複雑な構造になってしまうとそのぶん部屋を仕切る壁も必要となり材料も必要になりますが、シンプルな間取りの場合は余分な材料費が発生せずに建築費を抑えることができます。

 

 

 

 

また、間取りを考える際には水廻り関係のものはなるべく近くになるように配慮すると、工事費用のコストダウンに繋がると言われています。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る