平屋 後悔

平屋の後悔点を紹介!

家全体がワンフロアのため常に家族の気配を感じながら生活できることや、掃除やメンテナンスのしやすさ、年を取った時の階段の上り下りという動作を避けたいなどの様々な理由で平屋住宅を選択される方も増えています。

 

 

 

しかし、注文住宅で平屋を建てる場合には、事前に平屋の良いところと悪いところをしっかりと把握したうえで、間取りなどを考えていかないと後から後悔してしまうこともありますので注意が必要です。

 

 

 

実際に新築で平屋を建て、後悔しているという話はあまり聞きませんが、
今回はあえて平屋で建てられた方々のちょっとした失敗談やどんなことで後悔しているのかなどを紹介したいと思います。

 

 

 

「現在の家族構成は夫婦に子供1人ですが、平屋は広い土地でないと部屋数が取れないため、収納スペースが十分に確保できなかった点に関しては少し後悔しています…。」

 

 

 

 

「実際に平屋住宅に住んでいますが、あえてちょっとな、、、という点をあげるとしたら、二階建て住宅と比べると、風通しの部分では多少劣りますし少し湿気がこもる感じもします。」

 

 

 

 

 

特に平屋住宅を建てる場合に注意しなければならないことは、日当たりの確保やプライバシーの確保です。

 

 

 

 

このあたりに配慮して間取りを考えなければ、周辺の住宅によって日差しが遮られてしまい日当たりが悪い家になってしまい、平屋で建てたことを後悔してしまいます…。

 

 

 

 

 

さらに、平屋の場合は当然リビングから寝室に至るまで全ての空間が同じフロアにあるため、道路や周辺の住宅からの目が気になってしまい、プライバシーを確保できないだけではなく、家にいても落ち着かなくなってしまい居心地の悪い空間となってしまいます…。

 

 

 

 

 

また、平屋の場合は二階建て住宅と異なり、
寝室や来客時に見られたくないエリアなども全て同じフロアにあるため、来客の方が過ごす空間とプライベートな空間はしっかりと分けるように配慮しておく必要があります。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る