平屋のメリットとデメリット

平屋のメリットは!?

平屋で建てる場合のメリットについて考えてみました。

 

 

メリット@:生活動線がフラットなため生活や家事をしやすい。

 

 

平屋は階段がないため、移動が楽で生活しやすいということは最大のメリットです。

 

階段がないので掃除機を持って、階段を上り下りする必要もないため掃除もしやすいですし、洗濯物もすぐに干すこともできます。

 

洗濯機が1階にあるご家庭は多いと思いますが、二階建て住宅の場合、洗濯物を抱えて二階のベランダに干しに行くというケースも少なくないですし、手間と負担がかかりますが、平屋住宅の場合は洗濯スペースを庭先に設けることで、そのまま庭に干すことができるため手間や負担を省くことができます。

 

子育て奮闘中の方々に向けた平屋のプランも用意されているほど、いかに負担を減らしママ目線で家事をしやすい家造りというものが求められているほどです。

 

そして生活しやすい家事動線を追求した間取りにすることで、より快適で住み心地の良い家を造ることができます。

 

 

 

メリットA:階段がないため、転落事故などの心配がない。

 

特に小さなお子様がいるご家庭では、階段がないため転落事故の心配がないということは大きなメリットとなります。

 

メリットB:家族が自然と顔を合わせることができる。

 

平屋住宅はリビングからそれぞれの部屋への移動がとてもスムーズで、家族が自然とリビングに集るようになり、コミュニケーションを取りやすいということもメリットとしてあげられます。

 

メリットC:四季を愉しむことができる。

 

平屋住宅は、庭などを設けることで自然に接することができるため、季節感を感じながら生活を送ることができます。

 

メリットD:災害時にも強い家を造ることができる。

 

平屋住宅は生活空間が全て1階で、建物の高さがないため地震や台風時の被害が少ないということもメリットです。

 

二階建て住宅の場合は、二階が寝室といったケースも少なくありませんが、この場合火災時に逃げ遅れる危険性がありますが、平屋住宅の場合は災害時にも逃げやすいということもあげられます。

 

メリットE:メンテナンスしやすい。

 

平屋住宅の場合、外壁の塗装にしても建物の高さがないため、メンテナンスしやすいですし足場の費用がかからないため、メンテナンスの費用が安いということもメリットとしてあげられます。

平屋のデメリットについて

平屋で建てる場合のデメリットについて考えてみました。

 

 

デメリット@:建築費用が割高。

 

まず、平屋住宅は建築費用が割高だということがデメリットとしてあげられます。

 

二階建て住宅と比較すると、平屋住宅の場合は基礎や屋根の面積が倍近く増えるため、建築費用はどうしても割高になってしまうのです。

 

 

デメリットA:土地の広さがないと建てることができない。

 

平屋住宅は基礎の面積が大きくなりますので、ある程度土地が広くないと平屋を建てることはできません。

 

そして、希望としている部屋数や部屋の広さの分だけ、土地の面積が必要となってくるため、大きな平屋を建てようとすると土地に関してもコストは高くなってしまいます。

 

駐車スペース、庭先にガーデニングや家庭菜園など趣味のスペースを設ける場合には、更に敷地の広さが求められます。

 

 

デメリットB:プライバシーが確保しづらい。

 

平屋はリビング、寝室など生活するスペースが全て1階になるため、周囲の視線を考えながら間取り造りをしないと、周囲からの視線が気になり非常に居心地の悪い空間になってしまいます。

 

特に、住宅が密集している場所での平屋は不向きかもしれません。

 

そして平屋は1つのフロアしかないので、家族と顔を合わせる機会も多いため、プライベートな空間が欲しいという場合はそれなりの配慮が必要になってきます。

 

 

 

デメリットC:防犯上心配。

 

平屋の場合は、夏場に窓を開けて寝ることは非常に危険です。

 

平屋で建てる場合は、より防犯対策に力を入れておく必要があります。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る