平屋 二世帯住宅

平屋の二世帯住宅について

新築を検討しているものの将来のことを考えて、二世帯住宅で建て替えるといった選択をされる方もおられます。

 

 

 

そして、両親の介護が必要だという理由だけではなく、
近年、出産後に職場復帰される女性が多い、女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えており、二世帯住宅の場合、子供の世話や家事の分担もしやすいため、二世帯での暮らしに対する関心が高まっています。

 

 

 

二世帯住宅といっても、いくつか形態があり暮らし方は様々ですが、二世帯住宅の生活スタイルは以下のとおりです。

 

 

 

@完全同居型

 

寝室以外のスペースを親世帯、子世帯で共有するスタイルです。

 

ただし、親世帯、子世帯で生活時間帯が異なる場合はあまりお勧めできないスタイルでもありますが、建築費用が安いというメリットは生じます。

 

 

A部分共用型

 

キッチンやお風呂、ダイニング、リビング、玄関などを部分的に共有するスタイルです。
近年、玄関のみを共有して他の空間に関しては全て分離してしまうといったケースが多いようです。

 

 

B完全分離型

 

玄関まで全て2つづつ設け、同じ敷地内で棟を変えるか、建物の左右で分けるスタイルです。

 

それぞれの世帯が共有するスペースがないため、プライバシーはしっかりと確保されますが、建築費用は高くなります。

 

 

 

 

二世帯住宅での暮らし方は様々ですが、生活動線がワンフロアで済む平屋住宅で二世帯の建築をお考えになる方も増えてきているようです。

 

 

 

 

ただし、平屋での建築に加え二世帯での暮らしを実現させようとすると、
それなりに広い土地が必要となりますし、敷地が限られている場合には居住するスペースが狭くなってしまい二世帯で快適に暮らすことは厳しいです…。

 

 

 

 

また、平屋で二世帯住宅の建築をされる場合、当然顔を合わせる機会も多くなりますし、生活時間帯があまりに違い過ぎるとストレスに感じてしまいますので、二世帯で快適に暮らすためにはそれなりの工夫や配慮が必要になってきます。

 

 

 

 

ハウスメーカーの中には平屋でありながら、二世帯住宅の建築に対応されているところもあり、その実例によりますと2棟の建物を渡り廊下でつなぎ、ほどよい距離感を保ちつつ、自然を最大限に感じられるような配置にも配慮されたプランが紹介されていました。

 

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る