平屋 ポイント

平屋を建てる際のポイント

平屋の暮らしやすさに注目が集まっていますが、
平屋での暮らしにもデメリットが存在します。

 

 

 

まず、平屋で起こりやすい問題としてプライバシーの問題と日当たりが確保しにくいということがあげられます。

 

 

 

しかし、これらのデメリットは間取りなどに配慮することで上手く回避することも可能です。

 

 

 

そこで、平屋住宅を設計する時に注意すべきポイントについてまとめてみました。

 

 

 

まず、プライバシー問題です。

 

 

 

 

例えば、2階建てや3階建て住宅の場合、多くの方は寝室を2階につくると思いますが、
その場合、隣の家からの視線などを気にする必要はないのですが、
平屋の場合は生活空間が全て1階にあるため、当然寝室も1階ということになります。

 

 

 

 

 

ですが、住宅街で住宅が密集している場合、寝室が1階だと隣の家からの視線というものが気になってしまいます。

 

 

 

 

当然、寝室のみならず、洗濯を干すスペースやリビングなども隣の家からの視線を遮らないと、常に窓が開けられなかったり、カーテンさえ開けられなくなってしまいます…。

 

 

 

 

 

そのため、間取りを考えるうえで生活動線に配慮した空間造りも大切ですが、
周囲からのプライバシーにしっかりと配慮したうえで間取りを考える必要があります。

 

 

 

 

次に日当たり問題です。

 

 

 

 

 

田舎で平屋を建てる場合は、隣の家との距離がある程度あるため、周囲の建物で日差しが遮られてしまうということはあまりありませんが、分譲地や住宅が密集している住宅街で平屋を建てる場合は、隣の家で日差しが遮られてしまうため、日当たりが悪くなってしまう可能性もあります。

 

 

 

 

 

日当たりに関しては設計士さんなどの専門的な意見も参考にしつつ考えていかなければなりません。

 

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る