平屋 寒い

平屋は寒いのか?

『平屋での生活に憧れ、いざ平屋での生活を開始したものの冬場がとにかく寒い…。』

 

 

 

『夏の暑さはギリギリ我慢できる範囲だけれど、平屋の冬の寒さは耐え難いものです…。』

 

 

 

『以前住んでいたマンションよりも平屋の方が寒さが厳しいです…。』など、、、
古い木造の平屋に住まれている住人の方々から、平屋は冬の寒さが厳しいという声が多くあがっています。

 

 

 

古い木造の平屋が寒く感じる原因としては、天井が高すぎたり、部屋と部屋の間に壁やドアがないなどの理由が考えられますが、平屋で冬の寒さをどのように対策されているのでしょうか。

 

 

 

いくつか寒さ対策方法を集めてみました。

 

 

 

 

「平屋暮らし半年目を迎え、はじめての冬を経験しています。
ホットカーペットは欠かせませんし、靴下は2枚重ね履きしています。
あと、部屋でもフリース上着を着用しています。」

 

 

 

 

 

「以前住んでいた平屋は、古い木造でした。
隙間風には、発泡スチロールのような断熱材を簡易的に張り巡らせたり、
下からの寒さが結構厳しかったため、畳にはじゅうたんを敷いたりしていました。
寒いのが苦手なため、自分の出来る範囲で寒さ対策をしていましたが、少し手を加えるだけでも快適になりました。」

 

 

 

 

※ただし、平屋の全てが寒いというわけではありません。

 

 

 

 

 

特に最近は、ハウスメーカーや工務店でも家の性能にこだわっているところが多く、断熱性能や気密性能が非常に高いため、快適な住まい造りを実現されているところは多いように感じます。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る