平屋 総額

平屋で総額を減らすには?

平屋はどちらかといえば、割り高になるといわれています。それは、ハウスメーカーだとパンフレットに見かけるのは2階建てが多いためです。

 

 

 

平屋住宅が仮にあったとしてもそれはほんの少しだけのため、コストが上がってしまう事があるのです。

 

 

 

 

ハウスメーカーが安く家を提供できるのは、大量発注、大量生産を行えるからです。つまり、規格が少ないという事は大量発注、大量生産が出来ないため、割り高になりやすいのです。

 

 

 

しかし、反対に2階建てでないことから内階段と2階のホールスペースを作らなくて住むため、それだけで、何百万と安くする事が可能なのですべてが高いというわけではありません。

 

 

 

また、2階建てだと使い勝手のため、2階にトイレ、洗面所を設ける家がほとんどですが、平屋にはそれが必要ではありません。つまり、平屋にすることで省ける費用があるので総額も安くなる傾向があります。

 

 

 

また、1階であるため、何かをメンテナンスをするときに自分で行えることもあります。

 

 

 

 

2階建てだとどうしても足場を組んだりして業者にやってもらわないと不可能なのですが、それも平屋の方がお得です。しかし、平屋でそれなりに家族が余裕を持って暮らせる家を作るには大きな土地が必要になります。

 

 

 

 

当然2階にある部分を1階にもってくるのだからそれなりの大きさは必要です。ですので、平屋は大きな土地を持っている人にオススメです。

 

 

 

 

そして、平屋の最大のメリットは階段などの段差を極力なしに出来るため、バリアフリーの家を作ることができます。自分たちが老いても今の家に住みたいと思う人は、平屋は安全性が高くなり非常に使いやすい家です。平屋に興味がある人は、是非、調べてみてください。

 

 

 

 

 

このように平屋は基本的に割り高になりがちですが、色々な工夫をして総額を少なくすることが可能です。そもそも日本で2階やビルが多いのは十分な土地が用意できないためなので、それなりの大きな土地があれば平屋に方が絶対に便利な家を作ることが可能です。

 

 

 

 

平屋のメリット、デメリットを考え、総額を出来るだけ安くするようにしてください。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る