平屋は安い?高い?

平屋の価格は安い?

憧れの平屋で建てたい…。

 

 

 

そして、可能であれば価格は少しでも安く抑えたい…。

 

 

 

 

そんな理想を実現させるためには、ローコストメーカーを選ぶといった選択肢もありますし、2LDKのシンプルな間取りの平屋で建てるといった選択肢もあります。

 

 

 

 

2LDKはリビング、ダイニング、キッチン、そして2部屋を備えた間取りで、シンプルに造ることで価格を安く抑えることは可能です。

 

 

 

 

では、一般的に平屋の価格が安いとされているローコストメーカーで建てる場合、価格帯はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

 

 

 

 

新築で2LDKの平屋で建てることを前提に考えると、最低でも建築費用だけで1000万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

ローコストメーカーのサイトなどをチェックしてみますと、
20坪ほどの2LDKのプランで本体価格が800万円台〜と魅力的な数字が書かれてあります。

 

 

 

 

 

坪単価も40万円台と、平屋の価格帯にしてはとても安く感じます。

 

 

 

 

 

しかし、この場合細かい字で、ガス工事、外構工事、諸経費などは含まれていませんと書かれている場合が多く、落とし穴があるのです。

 

 

 

 

 

これらの費用が別途発生し、トータル数百万円ほど価格はアップしますが、それでも1200万円前後〜の建築は可能だと思われますので、安く建てることを最優先される場合
は検討されてみるといいでしょう。

平屋の価格は高い?

『平屋での暮らしには憧れるけれども、建築費用が高いと聞くのでなかなか決断できない…。』

 

 

 

『平屋住宅は高い!』

 

 

 

 

などの声をよく耳にしますが、結論から言いますと、二階建て住宅と平屋建て住宅を比較すると面積あたりの単価は高くなります。

 

 

 

 

例えば、一階が20坪、二階が20坪の総二階建て住宅で建てる場合の延床面積は40坪となります。

 

 

 

 

その場合、基礎の部分や屋根の部分は20坪分となります。

 

 

 

 

一方で、同じ40坪の延床面積の平屋で建てる場合は、基礎と屋根に関して40坪分が必要となります。

 

 

 

 

同じ延床面積で比較した場合、平屋は屋根の面積が大きくなるため屋根工事の分が割高になりますし、基礎の面積も倍になるため建築費用は割高になるということです。

 

 

 

 

そして、ハウスメーカーで平屋を建てる場合も割高傾向にあります。

 

 

 

 

大手ハウスメーカーでは、平屋の専用プランを用意するなど積極的な取り組みが行われていますが、問題となるのは金額です。

 

 

 

 

大手ハウスメーカーで平屋を建てる場合、とても高く、通常よりも1〜2割程度高くなり、坪単価でいうと10万円前後高くなります。

 

 

 

 

平屋住宅を検討されており、予算が限られている場合は工務店などに依頼した方が無難だと思いますが、ハウスメーカーの中には平屋であっても坪単価がそれほど高くならないところもありますので安心して下さい。

 

 

 

 

 

また、近年注目を集めているZEHですが、ZEHに対応した平屋住宅を建てる場合の建築費用はある程度高くなることは覚悟しておいて下さい。

 

 

 

 

 

ZEHで建てる場合、創エネと省エネを組み合わせなければなりませんから、当然太陽光発電システムの搭載は必須条件となり、初期の導入費用が高くなります。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る