平屋 ZEH

平屋のzehについて

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、一年を通しての消費エネルギーが正味ゼロとなる、またはゼロ以下となる住宅のことを言います。

 

 

 

政府は、2020年までに標準的な新築住宅でZEHを実現、2030年までに新築住宅の平均をZEHにするという目標を掲げており、ZEH普及に向けて補助金制度を導入するなどの取り組みが行われています。

 

 

 

ZEHには、光熱費が実質ゼロで家計に優しい、蓄電池を災害などの緊急時に使うことができるので安心、環境に配慮されているなどのメリットが沢山あります。

 

 

 

さて、この光熱費が実質0円のZEHで、生活動線がフラットな平屋住宅の建築を検討されている方もいると思います。

 

 

 

このZEH仕様で平屋住宅に対応されている大手ハウスメーカーとして、住友林業、積水ハウス、トヨタホームなどがあげられます。

 

 

 

それぞれのハウスメーカーのZEHの特徴を簡単にまとめてみました。

 

 

 

 

@住友林業

 

住友林業の家は、木の温もりを感じられ、自然の恵みを活かした設計手法に、高断熱仕様で快適な暮らしを提案されています。
そこに、太陽光発電システムやエネファーム、HEMSなどを搭載することでZEHにも対応されています。

 

 

 

 

A積水ハウス

 

積水ハウスでは2020年を先取りする住まいとして、“グリーンファーストゼロ”といった商品で対応されています。
積水ハウスの木造住宅シャーウッドの“里楽プラス・ワン”では、平屋の暮らしやすさはそのまま保ち、小屋裏空間を有効に活かしつつ、スマートハウスやZEHにも対応可能となっているようです。

 

 

 

 

Bトヨタホーム

 

トヨタホームの平屋建て住宅のラインナップに、ZEHに対応した“シンセ・ピアーナ 理想の平屋”が追加されました。
太陽光発電やHEMSを装備するほか、新たな断熱材を採用し省エネ性能を高めています。

 

 

 

 

ZEH仕様でありながら、平屋住宅を希望されている方はこれらのハウスメーカーで一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

平屋 価格|失敗しない家づくりのポイントのTOPへ戻る